2019 Honami Official  Copyright © FRESA Co.,Ltd.

Honami

1998年2月18日生まれ。石川県出身のシンガー・ソングライター。歌手を夢見ていた幼少期から音楽に興味を持ち、ピアノや歌、ダンスなどに触れて育ち、中学の頃からは陸上部で運動に励みつつ音楽も並行して学び、高校時代からはギターを片手にソングライティングを始める。


2015年頃からは地元石川県でギターを片手に精力的に音楽活動を行いはじめ、地元で開催されるイベントなどにも出演しはじめる。各局のテレビ番組に出演したり、インタビューを受けるなど精力的に活動しながら、同時にオリジナル楽曲の制作に励む。


2017年上京後は、自主制作1stシングル「東京」をリリース、翌年には2nd「スマホは私のMY HOME」をリリース。

楽曲制作活動の他にも、ライブにも積極的に出演し、地元金沢はもちろんのこと、東京・名古屋・大阪・広島・福岡・熊本など地方のライブイベントにも出演するようになる。ライブに出演し始めると、本人の特徴である「オンザ眉毛」「ぱっつん」ヘアーがアイキャッチにもなり、全国各地で「オン眉同盟」というファンによる応援同盟なども発足されはじめた。

また傍らで、SNSを中心に動画配信も行っており、彼女自身の音楽ブランド「消耗品の唄」をシリーズ化しており、現在楽曲数は50以上ストックしている。

 

2019年2月、自身の3枚目シングル「TUITERU!」を発表。発売と同時に、ワンマンツアーをスタート。東名阪と地元石川県でライブ開催する予定となっている。

彼女の、日常品から連想された身の回りのものを感じ取って表現する楽曲や、20代の女の子の気持ちを描いた詩など、まさに今後の活躍が期待されるシンガーソングライターである。

2019年4月からは、世界初!日本発!「ライブバス」で有名な株式会社フレッサと共同タッグを組み、今まで以上に活動の場を拡大し、音楽の幅を広げていく。同年5月4日には令和元年自身初のライブを渋谷の街で「ライブバス」で開催。GW中で賑わいの渋谷原宿を「Honami」サウンドで驚かせた。

 同年7月にはJFL日本フットボールリーグのFC大阪の応援アーティストとして、日向寺昌美と「えのぐ」という名の活動ユニットを結成。FC大阪ホームゲームでは、毎回歌披露もあり、​今後もライブアーティストに留まらず、様々なプロモーションを展開し多くの方に「Honami」サウンドを聞かせて行きたい。